それって「肌老化」?!3つの原因と自宅でできる簡単ケアをご紹介

昔は何のケアもしていなかったけど、少し食べ過ぎたり、寝不足すると、すぐにニキビができてしまったり、クマが治りにくくなってはいませんか?

それは「肌老化」の一種と言われています。

なんと肌の老化は25歳くらいから始まっているんです!!

 

ですので、25歳を過ぎて美肌を保ちたい方はスキンケアを正しく行うことが大切です。

そのポイントは3つの老化ポイントを抑えてケアを行うことです!

 

 

コラーゲンの数の減少

コラーゲンとは、タンパク質の一種で、肌の真皮の主成分でもあります。

ヒフは表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」の順に成り立っています。

その中でも「真皮」は肌の土台とも言える部分です!

真皮は、水分を除くと、約70%がコラーゲンからできています。

そしてこのコラーゲンをつなぎ止めるように支えているのが、「エラスチン」です。

コラーゲンとエラスチンのすき間を埋めているのが「ヒアルロン酸」です。

 

この主に3つの潤い成分が支え合うことで肌にハリと弾力が出るのですが、これらを作っているのが「線維芽細胞」です♪

 

コラーゲンは時間とともに減少していくのですが、線維芽細胞が新しいコラーゲンを作り出すことで調整をしています。

しかし、肌の老化がすすむと、線維芽細胞は数が減ったり働きが衰えていきます。

 

特に25歳から急降下し、40歳あたりからはほとんど作られなくなります。

 

そうすると、肌の弾力やハリがなくなり、ほうれい線やシワ・たるみがでてきてしまいます。

コラーゲンは加齢とともに減っていくものです。

これは避けられないものです…

 

 

 

コラーゲンの減りを早めている原因は加齢のほかに、「紫外線」があります。

実は、コラーゲンが減っているほとんどの原因がこの紫外線と言われています。

浴びるほと、コラーゲンは劣化減少していきます。

 

その他には、過度なダイエットや偏った食事をすると、十分な栄養が行き届かず、線維芽細胞が新しいコラーゲンを作るときに

支障が出るため、結果としてコラーゲンが減ってしまいます。

 

間違ったダイエットは、その時の肌の調子だけでなく、そのあとの肌にも関わってきますので、十分にご注意ください。

 

皮脂の減少

皮脂は肌表面に膜を作り乾燥を防ぎます。

その皮脂は女性ホルモンによる影響が大きく、閉経後に減少することで皮脂も減少し、肌が乾燥しやすくなります。

肌を乾燥させた状態で放っていると、紫外線や外気をバリアなく直接受けてしまうので、肌へのダメージが

大きくなってしまう恐れがあります。

 

ターンオーバの遅れ

また肌の乾燥には、表皮の新陳代謝、いわゆるターンオーバーの変化も影響します。

表皮は、外側から「角層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」という複数の層に分かれます。

表皮細胞は基底核で作られ、どんどんと上へ押し上げられて、角層の下で細胞角がなくなり、死んだ細胞となります。

普通の細胞は死んでしまうと役割を終えますが、死んだ表皮細胞は角質細胞となって2週間、角層にとどまり、洗顔や入浴時などに

自然にアカとなって剥がれ落ちていきます。

アカとなって角質細胞が剥がれ落ちると、また新しい表皮細胞が作られるといったサイクルを繰り返します♪

しかし、肌老化が進むと、表皮細胞が角質細胞となって剥がれ落ちるまで3週間かかるといわれています。

 

すると、角質細胞が過剰に積み重なることで、角層は厚くなっていきます。

厚くなった角層では、水分が十分にいきわたらなくなり、乾燥してしまうのです。

さらに角質細胞は老化すると、平坦につぶれてしまい、より水分を保持しにくくなりカサカサした肌になりやすいのです。

 

 

1. コラーゲンの数の減少

2. 皮脂の減少

3. ターンオーバーの遅れ

 

以上の3つが25歳をすぎるとどうしても起こってしまうというわけです。

 

バリア機能を保つ

この3つを予防するために最も重要なことはズバリ!!

「バリア機能を保つ」これに限ります。

 

スキンケアの基本は

*乾燥を防ぐ

*紫外線を防ぐ

*肌を清潔に保つ

 

この3つですが、最近の肌トラブルに多いのが「洗いすぎ」です。

 

 

肌のバリア(角質)を自ら剥がしてしまうと肌は乾燥しやすくなって肌に洋服があたったり、

髪があたるだけで刺激に感じてしまうこともあります。

 

 

洗いすぎに注意して肌バリアを保ちましょう

 

今回のまとめ

①25歳をすぎると肌老化が始まる

②肌老化とは

*コラーゲンの数の減少

*皮脂の減少

*ターンオーバーの減少

③スキンケアの基本は

*乾燥を防ぐ

*紫外線を防ぐ

*肌を清潔に保つ

*洗いすぎに注意する

 

いかがでしたか?毎日のちょっとした工夫で、実は「肌老化」を避けることができるんです!ぜひ一度、お試しくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

コラムニスト/スキンケアコンサルタント。肌トラブルで悩んだ経験を生かし、化粧品開発・販売を経て、現在スキンケア・ムダ毛処理に関する情報を中心に配信中。無理なくできるスキンケア情報をお届けします。