ムダ毛処理にまつわるお悩みを解決するサイト

【成分を重視】ムダ毛処理のアフターケアに良いクリームを成分から調べてみた

女性は季節を問わず、お肌を露出する機会があります。例えば、制服がスカートだと、ひざ下は一年中でることになりますよね。他にも、旅行やデートの前も、ムダ毛はできるだけ剃って挑みたいものです。

そうなると、気になってくるのがお肌へのダメージ。ムダ毛処理の後に、カミソリ負けや、お肌が赤くなった経験はありませんか?

 

そんなお肌のダメージを抑える、ムダ毛処理のアフターケアに良いクリームを成分から調べました。

 

 

ムダ毛処理によっておこる炎症を抑える作用

炎症を抑える、ビワ葉エキス、甘草由来成分、カワラヨモギエキス、サクラ葉エキス、以上4つの天然成分を配合しています。

 

ビワ葉エキス【抗炎症・引き締め効果】

消炎効果や肌を引き締める効果があり、肌荒れを防ぎ、肌をきめ細やかにします。

甘草由来成分【抗炎症】

甘草から抽出した成分「グルチルリチン酸ジカリウム」が炎症をやさしくケアします。

カワラヨモギエキス【抗炎症・抗菌】

他の天然由来のエキスとの相乗効果により、肌のキメをしっかりと整えます。

サクラ葉エキス【メラニンの生成を抑える・美白効果】

黒ずみの原因となるメラニンを抑制し、黒ずみ・色素沈着をケアします。

 

ムダ毛処理によってお肌の表面が削れたところをカバーして乾燥を防ぐ

セラミドⅢと、PCAによって、カミソリで削られたお肌の表面(角質)を守ります。

セラミドⅢ【角質バリア機能・保湿】

お肌に存在するセラミドと同じ構造を持っているので、お肌の表面(角質)のバリア機能を助けます。その作用によって、お肌の乾燥を防ぐ作用をもたらします。

PCA【保湿】

お肌に存在する天然保湿因子の成分であり、極めて優れた天然の保湿成分と言われています。

 

アンチエイジングの代表格である天然ビタミンE

水に溶ける水溶性ビタミンの代表といえばビタミンC。

対して脂に溶ける脂溶性ビタミンの代表と言われているのが、ビタミンEです。

ビタミンEは、身体の酸化を防ぐ作用があると言われています。

 

酸化すると、どうしてダメなの?

酸化をカンタンに説明すると、切ったリンゴをラップせずに置いておいた後の状態をイメージして頂くと早いと思います。酸素に触れることで、少しずつ、色が茶色っぽくなり、味もやや酸っぱくなりますよね。

それは、人間にも同じことが起こっています。

人間の「酸化」とは、「加齢」に置きかえられます。お肌の酸化を抑える天然ビタミンEでくすみや色素沈着が目立たないようケアしましょう。

天然ビタミンE【抗酸化作用】

肌の酸化を抑えて、お肌の表面(角質)のセラミドを増やして、外部の刺激からお肌を守ります

 

ムダ毛処理によってできる毛穴のぶつぶつを引き締める

毛穴のぶつぶつは、度重なる刺激によって生まれます。その度重なる刺激は、メラニンを発生させて、お肌のくすみやぶつぶつを引き起こします。

そこで、アーチチョーク葉エキスは、メラニンを発生させる「NF-kB(エヌエフ・カッパー・ビー)」の活動を抑える作用と、美白効果を発揮すると言われています。

(引用サイト:http://sangyo.jp/foodhealth/article/20081104.html)

 

アーチチョーク葉エキス【毛穴ケア・メラニン色素のケア】

毛穴の黒ずみの原因となるメラニンを抑え、毛穴の目立ちや、黒ずみをケアします。

 

以上の成分を全て配合している商品が、「シルキークイーン」というクリームです。


ムダ毛処理のダメージを抑えるクリーム

【ムダ毛処理のトラブルでお悩みの方に】シルキークイーン



堅苦しい内容となってしまいましたが、ムダ毛処理後のアフターケアに大切な成分について、少しでも伝われば幸いです♪

ムダ毛処理後のアフターケアをばっちり行って、いつでも出せる自信たっぷりの素肌を手に入れてくださいね!

 

 

by
コラムニスト/スキンケアコンサルタント。肌トラブルで悩んだ経験を生かし、化粧品開発・販売を経て、現在スキンケア・ムダ毛処理に関する情報を中心に配信中。無理なくできるスキンケア情報をお届けします。
SNSでフォローする

コメントを残す