ムダ毛処理後の肌トラブルを解消する

骨盤の歪みを取るストレッチ方法をご紹介!1日3分ですらっと脚になる

女性

「足の形に自信がないから、足を出すことに抵抗がある」という方は、実は非常に多いです。

足の形を整えるには、まず、骨盤の歪みをとること!

今回は、自宅で簡単にできる、骨盤の歪みをとる方法をご紹介します。

 

骨盤のゆがみ

まず、足の形が崩れる大きな原因は、「骨盤のゆがみ」と言われています。

 

男性に比べ女性は、妊娠・出産ができるように骨盤は大きく、なおかつ開きやすい形になっています。

 

そのため、おしりが大きくなります。その大きく開いた骨盤を支えるように、骨盤と足をつなぐ筋力が非常に大切になります。

 

骨盤を安定させる筋肉

骨盤を安定させる筋肉の名前は「腸腰筋(ちょうようきん)」といい、骨盤よりも上の背骨から太ももの骨をつないでいます

 

そして、背骨から太ももの骨をつなぐ筋肉はこの「腸腰筋(ちょうようきん)」ひとつしかないのです!!

 

この腸腰筋が固く、筋力が弱いと、骨盤が不安定になり二次的に足のバランスが崩れてしまいます

美しいすらっと美脚を作る基礎に、骨盤を安定させる筋肉「腸腰筋(ちょうようきん)」を

鍛えていきましょう♪

 

腸腰筋(ちょうようきん)の体操

とってもカンタンな体操です。

大まかな順序としては、

ストレッチ

 ↓

筋トレ

 

の流れでご紹介します。

 

骨盤を安定させるストレッチ方法

 

立った状態で、右足を前に左足を後ろにして前後に大きく開きます。

アキレス腱を伸ばす体操に似た姿勢です。

左膝を床に付け、できるだけ右足を前につきます。

 

すると、左の太ももの前がぐぐーっとつっぱります。

 

程度としては、「痛気持ちいい」くらいが丁度いいです。

そのとき上半身はしっかりと起こします。具体的に言うと、おへそをしっかりと前に向けて、両手は腰を持ちます。

 

10秒程度伸ばし続けていると、「じわ~」っと筋肉が伸ばされている感覚が味わえます。

 

これを20秒ずつ左右とも行います。

行なっている間、必ず深呼吸を行なってください。

深呼吸を併せて行うことで、全身がリラックスして筋肉がより伸ばされます。

 

骨盤を安定させる筋トレ

イスに座った姿勢で行います。始める前の姿勢は腰に手を当てて、おへそが真っ直ぐ前を向くように、骨盤が起きた良い姿勢を保ちます。

 

その座った状態で、片方の膝を天井の方向に向けて持ち上げます。その状態を10秒保ちます。

これを10回繰り返しましょう。

このとき、おへそを天井に向けず、真っ直ぐに保つこと、そして、膝を左右にぶれずに上げることに心がけてください。

 

そして、足の力というよりも、「お腹の力で持ち上げる」という感覚が大切です!

 

まとめ

 

①腸腰筋のストレッチ・筋トレを 行うことで骨盤を安定させ、足のバランスを整える

 

②ストレッチはアキレス腱を伸ばす姿勢で太ももの前を20秒間伸ばす。深呼吸をしながら

 

③筋トレはお腹に力を入れて、座った姿勢で方足ずつ10秒持ち上げる

by
コラムニスト/スキンケアコンサルタント。肌トラブルで悩んだ経験を生かし、化粧品開発・販売を経て、現在スキンケア・ムダ毛処理に関する情報を中心に配信中。無理なくできるスキンケア情報をお届けします。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事
No articles