間違った自己処理でできた赤いぶつぶつの原因と改善方法って?

 

カミソリでの自己処理のダメージ

カミソリを使ってムダ毛を剃ると、肌表面の角質やお肌に必要な皮脂まで剥がしてしまうことになっていたのをご存じでしたか?

そうなると、お肌のバリア機能が壊れてしまい、お肌が乾燥してしまいます。

お肌が乾燥すると、お肌から潤いが無くなるため、痒みや赤いブツブツが出来てしまいます。

この症状を、皮脂欠乏性湿疹と言います。

 

赤いぶつぶつは放置せず正しいケアを

足などに出来る赤いぶつぶつは、見た目的にも清潔感が無く恰好悪いですよね。ブツブツの赤みは、処置を怠ると色素沈着してシミの原因となります。

痒みを伴うため、寝ている間などに、無意識に掻きむしってしまい症状が悪化してしまう恐れがあります。

顔の皮脂が不足すると、皮脂分泌が過剰になって、皮脂が毛穴に溜まり酸化して黒ずみの原因になったり、古い角質と混ざりあってニキビの原因になってしまいます。

症状が悪化すると、敏感肌となり化粧水を付けただけで肌がヒリヒリして頬などが赤くなります。



カミソリで剃る時に、毛並みに逆らって剃ると剃った直後は、きれいに剃れてスッキリしますが、すぐに生えてきて毛の断面がはっきり見えるので、濃くなったように感じて、やってはいけないと分かっていてもカミソリで再び剃ってしまうという悪習慣を繰り返してしまうのです。

 

これって埋没毛?

カミソリを使って剃っていると、赤いぶつぶつが出来て、よく見ると毛が埋まっている場合があります。

透けて見える毛は、どうしても許せないですよね。

だからと言って、無理に埋没毛を毛抜きで抜こうとすると、更に炎症を起こしてしまいます。

炎症を起こした箇所は、繰り返し埋没毛が出来やすくなり、処置を誤ると毛嚢炎になってしまいます。

この場合も、赤いぶつぶつを放置していると、色素沈着を起こしてしまいます。



何度もカミソリで無理に剃ってくと、毛穴にもダメージを与えて毛穴が常に開いた状態になって、毛穴に汚れや皮脂が溜まりやすくなります。

そうなると、毛穴に雑菌が入ってニキビが出来やすくなるという二次被害を起こしてしまいます。

毛を1本残らず抜いても、肌が荒れてしまっていては、堂々と肌を露出することが出来なくなってしまいます。

そうなると、精神的にも余計なストレスとなります。また、普段のメイクにも支障が出て、ファンデーションのせいで、肌に負担をかけることになります。

 

 

正しいムダ毛処理でぶつぶつ解消へ

では、どうしたら自己処理による赤いぶつぶつを防ぐことが出来るのでしょうか。

普段のムダ毛のお手入れ方法に間違ったケアを取り入れていないか、チェックしてみましょう。

必ず、赤いぶつぶつの原因が見つかりますので、一緒に改善していきましょう♪

 

 

道具を見直そう

自己処理で、毛を剃る場合は一般的なカミソリを使用するのはお勧め出来ません。

これは、上記に書いたように皮膚表面の角質を削りとることになるからです。

自宅で毛を剃る場合は、電動シェーバーがお勧めです。

電動シェーバーは、エステサロンでも使用しているように、肌を傷めずにスピーディーに剃ることが出来ます。



電動シェーバーは、顔剃り用の小型サイズもあります。

電動シェーバーを使用することで、刃が直に肌に当たらないので、角質や皮脂が取れ過ぎるという問題を解消することが出来ます。

しかも、1度そると次に生えてくるまでの時間が、通常のカミソリよりも圧倒的に遅いので、頻繁に剃る必要がなくなります。



電動シェーバーは、脚用やビキニライン用など色々な種類がありますので、用途に合わせて使い分けることが出来ます。



それでも赤いぶつぶつが出来てしまった時は、保湿ケアをしっかり行って、症状が治まるまでムダ毛処理を控えましょう。

それから、シェーバーやカミソリを使用した後は、必ずきれいに拭いて清潔にしておきましょう。

刃が不潔だと、毛穴に雑菌が入ってしまうからです。

適切な自己処理で、お肌トラブルとサヨナラしてくださいね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

コラムニスト/スキンケアコンサルタント。肌トラブルで悩んだ経験を生かし、化粧品開発・販売を経て、現在スキンケア・ムダ毛処理に関する情報を中心に配信中。無理なくできるスキンケア情報をお届けします。