ムダ毛処理後の肌トラブルを解消する

それが原因だったなんて・・・足のぶつぶつの2大原因を知って魅せる美脚へ

 

自信を持って見せられる足をしていると、スカートを履くのが楽しくなりますよね。

しかし、足が汚いと、隠す事ばかり考えてしまいます。

そんな汚い足の原因の中でも、特に気になるぶつぶつの原因を知って、原因に沿った対処をし、綺麗な足を堂々と出せるようにしましょう。

 

足のぶつぶつには、幾つかの原因があります。その中でも多いのが間違った脱毛が原因で、ぶつぶつが目立ってしまうことです。

 

毛抜きでのムダ毛処理


毛抜きでのムダ毛処理特に、毛抜きで引っこ抜く場合は、痛みも伴いますが、肌への負担がとても大きくかかります。

また、毛穴が開き、雑菌も入りやすくなってしまうのが、毛抜きによるムダ毛処理なんですね。

炎症を起こすと、赤いぶつぶつが見られるようになります。これはとても肌に負担をかけてしまっている状態ですので、当然肌に良くありません。また、皮膚の中に毛が伸びてしまう埋没毛にもなりやいのです。

毛抜きでの処理はお肌を傷めるので、本来はあまりオススメしない方法なのですが、もしも毛抜きでの処理を続ける場合は、毛抜きを衛生的に保ち、お風呂上がりの柔らかくなったお肌で、抜くようにします。

毛の流れに沿った方向で抜くようにし、脱毛後はクールダウンとアフターケアを忘れずにしましょう。

ですが、もしも足のぶつぶつが気になっているようでしたら、毛抜きでの脱毛は控える事をオススメします。

 

カミソリでのムダ毛処理


足がぶつぶつになってしまうのは、自己処理による脱毛が原因になっている事が多いのですが、カミソリによるムダ毛の処理も危険です。

カミソリでの処理は皮膚の表面が削れてしまうので、ダメージも大きく、炎症も起こりやすくなります。毛抜き同様、赤いぶつぶつを引き起こす原因になります。

さらに、炎症を繰り返すと、色素沈着を引き起こします。

 

黒いブツブツは毛の断面だった?


カミソリでのムダ毛処理を続けていると、毛が濃くなると思われがちなのですか、毛が濃くなるというよりは、断面の太い部分で毛を剃ってしまうので、それが伸びてくると全体的に濃い毛が伸びてきてしまいます。

本来、毛は毛先に向かって、細く伸びているのですか、細くなる部分を削ぎ落としてしまう為、太い断面がそのまま伸びていく事により、毛が濃くなるように見えます。

このようなカミソリでの処理は毛の断面が黒く残りがちな為、黒いぶつぶつが目立つようになります。

表面の毛を剃っても皮膚の中に残った毛根が黒く見えるので、これでは黒いぶつぶつが目立ってしまいます。

埋没毛も毛抜き同様、起こりやすくなります。

カミソリは比較的、簡単に脱毛出来るので、ついやりがちな自己処理です。しかし、肌には相当な負担をかけますので、こちらもあまりオススメ出来ません。

 

カミソリで除毛するときに気をつけること


カミソリが原因のぶつぶつには、やはり除毛時に注意が必要になります。

除毛をする時には専用のクリームを使います。そして、衛生的で切れ味の良いカミソリを使い、毛の流れに剃って行います。カミソリは肌への負担も大きいので、頻繁には行わないようにしましょう。処理後は乾燥しやすくなるので、保湿も忘れないであげてください。

 

本格的な美肌を目指すなら、脱毛サロン


毛抜きやカミソリは、肌へのダメージが大きので、本来なら脱毛サロンやエステでの処理がオススメです。

プロのお手入れの凄いところは、肌のぶつぶつがなくなり、ツルツルのお肌になっていくことです。

脱毛が原因のぶつぶつとさよなら出来るのは、自己処理をやめる事が1番だと思います。最近ではとてもリーズナブルに脱毛出来るサロンもありますので、プロに頼るのも1つの方法です。

 

除毛クリームという手


脱毛サロンに通いたくても忙しくて時間がなかったり、簡単に処理をしたい場合は、除毛クリームを使う方法もあります。肌への負担を減らせる分、ぶつぶつは軽減されるでしょう。
そもそも毛穴が開いてしまうと、ぶつぶつも目立ってくるので、出来る限り毛穴を小さくし、そこから雑菌が入らないようにすることです。

応急処置としては、足用ファンデーションを使ったり、ストッキングを履いて誤魔化してしまうという事も可能です。

 

 

毛抜きでのムダ毛処理、カミソリでもムダ毛処理によるダメージを知って、

お肌にやさしい除毛方法を行いましょう♪

by
コラムニスト/スキンケアコンサルタント。肌トラブルで悩んだ経験を生かし、化粧品開発・販売を経て、現在スキンケア・ムダ毛処理に関する情報を中心に配信中。無理なくできるスキンケア情報をお届けします。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*