ムダ毛処理後の肌トラブルを解消する

歩き方を変えるだけで“美脚”が手に入る夢のような7つの方法

ダイエットに励んでいるのに、足が思うように痩せない…。

そんなお悩みはありませんか?

実は、「歩き方」を変えるだけでよかったのです。

無理な食事制限は一切必要ナシ!

魔法のような足痩せダイエット方法、お伝えします。

 

 

 

ゆっくり歩く


5930284231_1104639f60_n

あまり知らせていませんが、実は早歩きは勢いに乗って歩いているので、筋肉はそれほど必要ありません。そのため、早歩きを続けて体力は付いたとしても、足に筋肉がつきにくく、足が痩せないことが多くあります。

ゆっくり歩くことで、足の筋力が働き、足に筋肉がついて太った足が引き締まる効果をもたらします。ゆっくり歩くことは実は難しく、案外疲れます。

早歩きはできなくても、ゆっくり歩くことなら、どなたでも挑戦できると思いますので、ぜひとも一度お試しください。

 

 

かかとから着く


9391573919_f036cfb51b_k

ヒールで歩く癖が付いている方や、あまり歩く習慣がない方は、足くびを引き上げる筋力が弱っているかもしれません。

歩きはじめに、足が地面に着くとき、足全体が床についていますか?その歩き方をしていると、本来働くべきおしりの筋肉が働かずヒザに負担がかかります。

理想は足をふりだして、まずはじめに足の裏全体ではなく、「かかと」を地面に設置させましょう。この瞬間におしりの筋肉(大殿筋)が強力に働きます。この「かかとから歩き」はヒップアップに非常に効果的です。

 

足の指で地面をつかむ


5157642509_3c44af8e13_b

最近、足の指の形をした靴下を靴下屋さんで見かけることが増えてきました。世間でもヒトの足の指の働きに注目が集まっている証拠ですね。では、あなたの足の指はきちんと働いているでしょうか?

簡単ですので、一度チェックしてみましょう。

足の指を「グー」にできますか?しっかり足の指を握りこんでくださいね。このときに、深く握りこめない、または、親指と人指し指が重なる、足がつりそうになる…

そういった方は要注意!普段足の指をあまり使わずに生活している可能性が高いでしょう。

足の指を使わないということは、足全体を正しく使えておらず、足に脂肪がつきやすくなる上に、将来的に外反母趾や腰痛を引き起こす恐れがあります。

そんな方は、普段から足の指の形をした靴下をはくこと、座っているときに足の指を「グー」「パー」動かすこと。

そして歩くときには足の指を使って、地面をつかむことを意識するだけで、足が働きやすくなり、脂肪が筋肉に代わり、足痩せ効果が期待できます。

 

足が後ろにきたら、地面を蹴る


426723575_6aaf68f40b_b

ぺたぺた歩き、すり足歩きの方は、足の前側の筋肉ばかりを使って歩いているので、太ももの前の部分が張って、足が太くなっている場合があります。

本来歩くときは、足を持ち上げて振り出すのではなく、地面を蹴った反動で自動的に前に振り出されているのが正しい足の運び方です。

足が後ろにきたら、「地面を蹴る」を意識しましょう。

 

腰を回して足を振り出さない


6674933531_7fce243df5_b

女性にとても多いのがこの「腰歩き」ですね。この歩き方は、足の筋力が弱い方、腰痛の方、妊娠している方、産後の方、肥満気味によく見られます。

足の筋力が弱いと腰を回した勢いを使って歩く癖がついてしまいます。

この歩き方を続けていると、足に筋力はどんどん低下していき、腰への負担が強まり腰痛と伴うリスクがあります。

あなたは「腰歩き」になっていなせんか?それでは確認してみましょう。

歩く前に、骨盤に両手を当ててください。前ならえの一番前の人がするポーズです。そのまま歩いたときに、腰にあてた手が腰に合わせて回る力が働いている場合は、「腰歩き」をしているかもしれません。

足で歩くイメージをもって、「足が後ろにきたら、地面を蹴って前に出す」これを思いだして歩きましょう。

 

 

体を前に倒さない


4886001180_351e77b197_b

スマホをよく使う、デスクワーク、猫背と言われる、重いリュックを背負うことが多い。そういった方は体が全体的に少し前に傾いており、猫背ぎみになっている方が多くいらっしゃいます。

体が前に傾いていると、体を起こそうと、腰の筋肉が働き、本来立っている姿勢を保つために働くおしりの筋肉がサボリがちになります。

これが習慣になると、おしりの筋肉は弱って、おしりがタランと下に垂れて、太ももが痩せにくくなります。

歩くときは、まず、まっすく立ってから、一歩踏み出してください。姿勢がいいと、スタイルもよく見える上に、足が痩せやすくなるので、良いことづくしです。

 

 

 

アゴをひく


4537867701_859b01c477_z

街中を歩いていると、ななめ下を向いて歩いている人が本当に多いです。下を向いていると、暗い人に思われてしまいます・・・

それは単なる印象で、気にしなければ問題のないことですが、

実は下を向いて歩いていると、頭を支えている首に大きな大きな負担がかかっているんです。人間の頭は体の10%と言われており、50kgの人だと、5kg!

とっても重たいんですね。

頭がまっすぐ前を向いていると、体全体でこの重たく大切な頭の重さを支えることができますが、下を向いていると、その分頭の重さは前にかかって、首への負担が増大します。

すると、肩こりになり、全身の血の巡りが低下してしまいます。その結果、全身の代謝が低下して、痩せにくい体へと変化するのです。

目線は前を向いて、軽く顎を引く。

これだけで、美しい体のラインが整って、全身の血の巡りがスムーズとなり、代謝が上がって、痩せやすい体になります。その上印象もグッとよくなりますので、せびお試しください。

 

 

 

by
コラムニスト/スキンケアコンサルタント。肌トラブルで悩んだ経験を生かし、化粧品開発・販売を経て、現在スキンケア・ムダ毛処理に関する情報を中心に配信中。無理なくできるスキンケア情報をお届けします。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*