高額を払っているのになぜ?!脱毛サロンが続かない5つの理由

 

「脱毛に通おうか迷っているけど、結局めんどうになって通わなくなったと聞く」

そんな口コミで脱毛サロンに実際に通おうかどうか悩んでいる方に、

その5つの理由をお伝えしたいと思います。

 

 

 

予約がとりにくい


14296469090_0696c01fc1_b

脱毛サロンで契約すると、毛の生え替わる3ヶ月に1度の周期に合わせて予約が必要と伝えられます。

ですが、大体予約がいっぱいで、4ヶ月に1回という周期になりがちです。

そうなると脱毛サロンに通うのは年に3回になり、人は4ヶ月に1度という頻度ではなかなか継続できないものです。

また、脱毛完了コースの場合、約3年間通うことが説明されます。

3ヶ月に1回の照射とすると、計12回照射の契約となります。

ですが、それが実質1年に3回だとすると、期間は延びて、4年間もかかってしまいます。

女性の場合、4年後となると、いつ引っ越すか、いつ結婚するか、いつ妊娠するかもわからない期間になってきます。

その結果、脱毛の途中で通えなくなるということのは、大いに起こりうることです。

 

予約の日が先すぎて予定がブッキングしてしまう


22711190415_c649b83f74_z

3~4ヶ月先の予定を決めなくてはならないので、多忙な方や、休みが変則的な職業の方は、脱毛の予約を入れていても予定がブッキングしてしまい、そのまま予約を取り直さずにほおっておいてしまうというケースがあります。

また、予約を取り直したとしてもまた4ヶ月先になってしまうので、どうしても脱毛に通うことが面倒くさくなってしまいます。

 

生理の日とかさなってしまう


16009804043_484ae6cfbc_c

ivoの脱毛をしている場合は、生理の日に重ならないようにしてくなくてはなりません。

万が一、脱毛の日に重なったときは、ivoパーツ以外の脱毛はしてもらえますが、ivoの照射ができず、脱毛完了まで期間が延びてしまいます。

そうすると、効果を実感するスピードが落ちるので、通わなくなってしまうようです。

 

 

「お冷やし」が冷たすぎる


16184221608_3e7ab58d8e_z

脱毛サロンに行って、いざ照射をしてもらうと、その部位を冷やさなくてはならないようです。

それが「お冷やし」と言われていて、要は脱毛したい体のパーツに照射した後、その部位に保冷剤をピタっとくっつけるわけです。

それが、本当に冷たいです。

夏場はかろうじて耐えることができますが、冬のお冷やしは、我慢できない程の冷たさで、特にワキや背中のお冷やしはツラいです。

 

 

ムダ毛処理が甘かったら脱毛してくれない


10560587183_fb8306acb2

久し振りの脱毛で、前日にムダ毛処理を忘れてしまった!またはそり残しが多かった。

という場合、その部位は照射してくれません。

「また次回に照射しますね」ということになります。

すると、脱毛完了までまた4ヶ月延期になってしまいます。

初めは通っていても、ある程度毛が薄くなると、脱毛サロンに通うのも億劫になり、別の予定を優先させてしまい、脱毛に通わなくなってしまいます。

脱毛完了まで時間がかかりすぎる、というのが一番の通わなくなる理由かもしれませんね。

 

 

脱毛サロンに行くと、施術は全てスタッフさんがしてくれますし、毛も薄くなるので、もちろんいい所もたくさんです。

ただ、ムダ毛処理で悩んでいる方は、脱毛サロンだけではなくて、自宅用脱毛器や抑毛ローションといった様々な選択肢があるということも知った上で、自分の性格とライフスタイルにあった、一番よい方法を見つけていただければと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

コラムニスト/スキンケアコンサルタント。肌トラブルで悩んだ経験を生かし、化粧品開発・販売を経て、現在スキンケア・ムダ毛処理に関する情報を中心に配信中。無理なくできるスキンケア情報をお届けします。